妊娠おめでとうございます

妊娠おめでとうございます。

妊娠中からお産後まで、お母さまとおなかの赤ちゃんが、健やかに過すことができますよう、お手伝いをいたします。

お産や赤ちゃんがいる生活を、楽しみにすごしましょう。

 

・自分の体の声に耳を傾けましょう

  からだの変化、おなかのはり、おりものの変化、胎動など変わったことがないか、感じましょう。

 

・自己管理をしましょう。

  赤ちゃんがおなかの中で、気持ちよくすごせるように、こころがけましょう。

  妊娠中、規則正しい生活をおこない、上手に体重を増やしましょう。

  脂肪・炭水化物の取り過ぎに気をつけて、バランスのいい食事をとりましょう。

  切迫流早産などの心配がなければ、軽い運動(散歩など)をしてもいいでしょう。

 

・おっぱいの準備をしましょう。

  妊娠20週に入ったら、おっぱいのお手入れを始めましょう。

  おひとりおひとりにあったおっぱいケアの方法を、ご指導いたします。

  ケアを行っておく事で、授乳が始まってからの乳首の痛みや傷を予防できます。

 

・お産が近くなったら、積極的に動きましょう。

  妊娠35週になったら、3時間くらいの散歩・スクワット・ふき掃除など体を動かして、お産にそなえましょう。

 

<書類について>

・『産科医療補償制度』に加入しております。

  当院でお産される方は、妊娠中に登録証の記入・交付をいたします。

  登録証は、母子健康手帳などにはさみこむなどして、出産後5年間は、大切に保管しましょう。

・『直接支払制度』を行っています。

  健保組合・国保などが、出産一時金を直接、産科医療機関に支払う制度です。

  多額の入院費を用意しなくて済みます。

  出産一時金を上回った金額を、退院時にお支払いください。

・『出生証明書』は、準備しております。

  赤ちゃんが生まれた日から、14日以内に市区町村役場にお届けください。

・ほかに必要な書類のある方は、お持ちください。